コレステロールを減らすには複合技で挑まなければ成功しない

コレステロールを減らすには複合技で挑まなければ成功しない

コレステロールを増やす方法

 

それは毎日
1.脂ぎったカロリー多めの食事を好きなだけ頂く。
2.毎晩の晩酌は欠かさない。日本酒がよい。
3.3時のおやつは欠かさない事。ケーキなどの洋風が特に良い!
4.運動なんてダルイことはしない。
と、この4本立てでコレステロールは増えまくりだ。

 

村田は、上記のことをほとんど毎日こなしている。すごい努力家だ!
体型も想像どうりの恵比寿様体型を維持し続けている。

 

しかし、私の会社には、痩せていて体脂肪も少ないのにコレステロールが400ある女性もいる。
上記の4項目に合致する事と言えば・・。
4番の運動くらいか。
特に酒も飲まないしね。この人も私と同じで若いころからコレステロールが高いということだ。
こういう人は、私もそうだったが軽い運動をすると数値が下がる傾向にある。
試して見ることだ。

 

私は、いま数値は落ち着いている。
しかし、カロリーオーバーや飲み歩くことが続くと数値は増えていく。
その間、運動などをしてもあまり効果などはないのである。
とにかく、コレステロールや中性脂肪が上がりやすい体質なのです。
大体が太ると数値が増える。痩せると下がる。ということは感じる。

 

しかし、コレステロールが減っても体重は変わらない場合もある。
今回の回転ずし作戦の時は、数値は下がったのに体重は変わらないどころか増えていたのである。
運動をして痩せて数値を落としたときは体重の増加と共に数値もうなぎ登りで上がった。

 

食事と運動

どっちが楽くに数値を下げるかは、言わなくともわかるだろう。

 

毎日の運動など継続できるわけがない。ほとんどの人が挫折する。
四季がある日本では、夏は猛暑、冬は極寒である。
挫折するチャンスのオンパレードである。
運動は効果はあるのだが続けることはしんどい。

 

食べればよい。回転ずし缶詰(青魚)のほうが継続しやすい。
サプリはどうであろうか?
村田の数値もサプリのおかげで下がった。
しかし、これも500が300に落ちただけである。
300でもオーバーである。

 

まだまだ、高いのである。本人は喜んでいたが、ここからピクリとも下がらないのである。
ここが、サプリの限界なのか?
改善はするが正常値などにはならない。

 

やはりここは、複合技がいいと思う。
数値を下げるには、
1.食事
2.運動
3.サプリ
とこの3つが有効的だ。ここで組み合わせなのだが
「運動嫌い」の場合と「運動が好き」の2つに分けるのが良いと思う。

 

運動好き

まあ、こんな人は普通はこんな事で悩みはしないと思う。しかし、例外もいる。

運動を毎日していてもコレステロールは下がらない!

うちの会社にすごいスポーツ好きな人がいる。
毎日のようにジム。水泳をしている。トライアスロンも出場するくらいだ。
週に6回はジムに通う。しかし、コレステロールが高い。
彼は大食漢なのである。太ってはいないのだがよく食うし、よく飲む。
まあ、プロレスラーと同じだな。すごい運動量なのだが、プロレスラーも体重確保のためによく飲み。よく食べる。
コレステロールも高いのだ。
毎日、スポーツジムに通うのであれば大酒・大食をしなければそれで十分。

 

運動出来るのが週に2回くらいの人はは青魚を1日1食でよいので変えてみる。
回転寿司でも缶詰でも良い。サプリを併用してもよい。

 

運動嫌い・する暇がない

1.私のように1日の食事の1食に青魚を導入する。
2.酒を控える。
食事とサプリは同じような働きなのでどちらでも効果は同じだ。

 

酒を控える。というのはどのくらいか?

毎日のようにガッチリ飲んでいる人は、週2回にする。

 

軽く毎日飲んでいる人は?

そんなちまちま飲んだだけでいられるのであれば酒なぞやめてしまえ!
運動もしない、酒をやめる・減らすのは無理だ!という人は、数値を下げるなどあきらめることだ。

 

どうせ年を取れば酒の量など自然と減ってくる。
40後半にもなれば、30代と同じようには飲めなくなる。
これが60歳も過ぎればますます酒の量は減る。
それを待つのが賢明だ。我慢の人生など意味ぞない。

 

酒の少なくなった年齢になって、青魚を導入すれば数値は自然と下がる。
例外に幾つになっても酒豪の親父もいるがそんなやつの事なぞ知らん。

 

酒を減らすダメな人は、運動だな。酒か運動どちらを選ぶかはあなた次第である。

 

間違っても、巷で宣伝しているサプリだけに頼る事など意味の無いことだ。