子供なのにコレステロールが高い!小児専用のお薬が出た。

子供なのにコレステロールが高い!小児専用のお薬が出た。

大人に良く聞くコレステロールなのだが、子供でも数値が高いという。かわいそうに・・。
とはいっても、子供である。大人になれば体質も変わるだろう。そのまま大人になることはないです。
ということで今までは専用の薬など無かったそうだ。食事の制限や管理で数値を抑えていたのです。
食べ盛りの子供にあれはダメだ。これもダメだではかわいそうな気がする。

 

しかし、親がなんでもかんでも与えすぎてこんなことになってしまったら話は別である。
散々与えておいて、急にダメでは犬でも怒る。
ゲームもそうである。「まったくうちの子は、外に出て遊ばない!」なんて言っている親に限ってプレステやゲームボーイをホイホイ与えている。
うちも買ってはあげているが、ホイホイは買ってはいない。
需要があるから作ったのだろうが、この若さで薬を毎日飲むことはどうなのだろうか・・。
ちなみに、興和という会社が発売した。ピタバスタチン(リバロ錠)という新薬です。


子供の体脂肪率を調べてみた。

8歳から11歳までは、体脂肪率の標準は16%〜25%である。
25%が標準値に入っている。かなり脂肪が多い。
そして、11歳以降はどんどん減っていく。そのうち21%くらいまでが標準になる。

 

8歳から11歳と言えばちょうど小学生くらいの年齢である。
実のことを言うと私もこの年齢は太っていたのである。

 

この年齢の子供がいるご家庭は、要注意ですね。